宿泊予約プラグイン MTS宿泊予約システム2

お問い合わせ

クレジット決済にも対応

Credit Settlement

TOP > クレジット決済にも対応

MTS宿泊予約システム2は、専用の決済機能は実装されていませんが、外部プラグインと連係してクレジットカード決済を利用した実績があります。ここでは決済の導入に関して、検討のための情報をお知らせします。

決済機能導入をご希望の方へ

インターネットを利用した販売が一般的になり、料金決済の方法は多様化しました。公共料金ですら、コンビニで済ませることができます。このような現状、宿泊料金も現地で現金を受け取ることをせず金融機関を通して済ませたい、という要望があることと思います。

決済機能の導入に関しては、その目的を明確にし、決済代行会社との契約内容やサービスとの連係の可否を見極め、投資するかどうか検討いただくことをお薦めします。

ここではレジットカード決済について、導入の参考となる内容を説明します。

クレジットカード決済導入の目的の例

チェックインやチェックアウト時の宿泊料金の支払いは、旅行客にとって短い時間で済ませたいものです。また、少額料金以外はクレジットカードで済ませたいと考える人もいるでしょう。受け取る側においても多忙の時間帯での作業は煩わしく、生産性が向上しない原因の1つと考えられます。

そこで事前に料金の支払いを済ませることを考えます。

支払いは現金払いの他、銀行振り込みなどいろいろありますが、煩わしい作業を減らし、業務をシンプルにするため、クレジットカードによるインターネットのWeb上でのオンライン決済を考えます。

大きな利点は、Webとクレジットカードを利用した事前決済のため、現地でカードの信用調査や支払い手続きなどが不要になることです。

一方キャンセルや予約の変更は、返金や追加料金の徴収など別途作業が発生します。また費用面では、決済代行会社を利用しますので利用料金が毎月発生します。その他、WebサイトのSSL対応や決済のためのプラグインの追加購入などの支払いも発生します。

決済代行会社について

クレジットカード会社と契約し、決済を現場で行う方法がありますが、複数あるクレジットカード会社と個別に契約するのは手間が掛かります。また宿泊料金をWeb上でオンライン決済できる事が重要なポイントなので、その機能が用意されていなければなりません。

このような場合、複数のクレジットカード会社のカードが扱え、なおかつWeb上のオンライン決済が可能な機能を提供する、決済代行会社との契約を検討する事になります。

ところで決済代行会社は何社もあります。どの会社と契約するか決めるのは、支払う手数料の金額は重要な検討項目ですが、与信枠や売上金の振込日、キャンセルの取り扱いなど、提供されるサービスを吟味しなければなりません。複雑で手間が掛かりますが、それを上回る魅力がWebオンライン決済にはあります。

SSLについて

SSLの意味する内容は、通信データの暗号化から企業の実在証明まで幅があります。そして料金も証明内容、発行する企業や団体によって異なります。

Webオンライン決済を利用するには、インターネット上でクレジットカードの情報を扱いますので、最低限暗号化通信が必須となります。必ず専用SSLを利用する環境を用意して下さい。

決済を実行するためのプログラムについて

決済代行会社の提供する機能を利用するために必要なプログラムについて説明します。

MTS宿泊予約システム2には決済を実現する機能はありません。そこで、決済機能を有する他社の製品と連係して決済を実現します。連係できるプラグインは現在「ネットショップ管理プラグイン(イーティーネット株式会社)」になります。

ネットショップ管理プラグインは、インターネット上で物販を実現するためのアプリケーションプログラムです。連係は、宿泊予約を一つの商品に見たて、申し込まれた宿泊料金の決済処理1件が1つの売上実績とする、考え方になります。

ネットショップ管理プラグインでは、決済代行会社別に対応する決済専用のプラグインが用意されていますので、別途入手して下さい。

MTS宿泊予約システム2はネットショップ管理プラグインと連係するため、専用の連係プログラムが必要になります。この連係プログラムは、決済が実行された際、宿泊予約データに対して宿泊料金が支払われたことを知らせ、データベースにその情報を登録するためのものです。

プログラムの内容は、MTS宿泊予約システム2のドキュメントサイトに掲載しております。現在のところ、「PAY.JP」を利用したクレジットカード決済のみ連係動作が確認済みです。それ以外は未確認です。導入の際は対応いたしますのでご相談下さい(場合により有償になります)。

決済システム導入の流れ

  1. 「MTS宿泊予約システム2のインストールされたWordpressサイトを作成」
  2. 「ネットショップ管理プラグインをインストール」
  3. 「functions.phpファイルの設置(追加)とカスタマイズ」
  4. 「宿泊予約システムの各種設定」
  5. 「商品データの設定オプション設定」
  6. 「オプション設定」

MTS Acc Booking2 資料室「決済の導入」利用方法についてはMTS Acc Booking2 資料室の「決済の導入」メニューで詳細を説明しておりますのでそちらをご覧ください。
[ MTS Acc Booking2 資料室「決済の導入」 ]を見る

MTS宿泊予約システム2

MTS宿泊予約システム2